“毛穴の黒ずみ”の原因&対処法

なんでできちゃう? どうしたらいい? 毛穴の黒ずみ

すぐにでもなくしたい毛穴の黒ずみ。さっそく“どうして”毛穴が黒ずんでしまうのかを知り、それに合わせた効果的な対策を考えていきましょう。

1.毛穴が詰まっているのかも!?

黒ずみ毛穴の原因として最も多いのは「毛穴詰まり」。毛穴に詰まった皮脂やメイク汚れが酸化して黒く変色し、目立ってしまうというものです。汚れ・皮脂・古い角質などが混ざり合ったものが毛穴に詰まり乾燥して硬くなると“角栓(洗顔では簡単に落とせない)”となってしまいます。

できた角栓は空気に触れると酸化して黒く変色。これが主な黒ずみ毛穴の正体です。なお、こうした毛穴詰まり(角栓)の大きな要因となるのがメイクの落とし残し! 「洗顔はテキト~」、「メイクをしたまま寝ることがある」、「きちんとメイク落としをしない日が多い」という方は、まずは日々の洗顔とクレンジングを見直してみることから始めてみましょう。

2.実はムダ毛かも!?

黒ずみ毛穴の主な要因は、毛穴の汚れ。ただし、毛穴は汚れていなくても“ムダ毛”が濃いと、そのムダ毛が毛穴の黒ずみのように見えてしまうことがあります。気になる場合は、顔の産毛処理をしてみるといいですよ。

3.毛穴の凹凸のせいかも!?

加齢や乾燥によって肌のハリが低下、毛穴が引き伸ばされて開いた状態になってしまうと(毛穴に汚れが溜まりやすくなるのはもちろん、汚れが詰まっていなくても)開いた毛穴の凹凸が肌に影をつくり、黒ずみがあるかのように見えることがあります。こうしたケースには肌のハリ対策が欠かせません。

4.紫外線ダメージのせいかも!?

紫外線は、シワ・タルミを引き起こすだけではなく“毛穴の黒ずみ”をつくることも! 毛穴周りのターンオーバーが乱れて毛穴にメラニン色素がたまってしまうと、メラニンの色が沈着して毛穴が黒ずんでしまうのです。

毛穴の黒ずみを触っても“つるつる”している場合は(角栓がつまった毛穴は触るとブツブツしている)このメラニンの色素沈着が黒ずみの原因である可能性が高いでしょう。なお、こうした黒ずみは、毛穴汚れが原因の黒ずみよりもなくすのが大変。紫外線対策をシッカリしながら、時間をかけて乱れてしまった肌のターンオーバーを整えていく必要があります。

5.間違ったケアのせいかも!?

「毎日じっくりケアをしているのに毛穴が黒ずんでいく…」という方は、ケアの仕方がまちがっているのかもしれません。しっかり汚れを落とそうと洗顔を何度も繰り返し行ったりしていませんか? 洗顔は大切ですが、過剰に洗顔を繰返して“肌に必要な水分や油分まで落としてしまう”と肌の乾燥を招くことがあります。

肌には乾燥すると(それ以上の乾燥から皮膚を守ろうと)過剰に皮脂を分泌させる性質があるため、洗えば洗うほど肌が皮脂過剰を起こして“毛穴が詰まりやすい状態になってしまう”ということがあるのです。

また、肌をゴシゴシこするなど刺激を与えすぎると色素沈着を招きやすくもなります。こうした場合は、ケア方法を見直し、さらに保湿に力を入れてみましょう。

原因に合わせて対処していこう!

毛穴汚れが原因ならクレンジングと洗顔の見直しが必須。疲れていてもメイクをきちんと落とすよう心がけ、洗顔方法も(泡をしっかりたてるなど)工夫してみましょう。

また、ムダ毛が目立っているのならムダ毛の処理を。肌のタルミや色素沈着が原因と思われるのなら、ハリ・美白に効果が期待できる化粧品を試してみるのがオススメです。

おさえておきたいスキンケアアイテムの選び方

まずは、毛穴汚れをきちんと落とすことができ、なおかつ低刺激で肌に優しい洗顔料とクレンジングを探しましょう。また、毛穴開きが気になる場合には保湿やハリ対策ができるスキンケア商品を。紫外線や色素沈着が主な原因となっているのなら(紫外線対策を徹底するとともに)美白成分配合のスキンケア商品を取入れてみるといいですね。

さいごに

上記で紹介したように、ひとくちに「毛穴の黒ずみ」といっても色々なパターンがあります。そのため「自分の毛穴の黒ずみの原因が“何なのか”を知ること」が、まず肝心。自分の黒ずみ原因をシッカリ認識し、その原因に合わせて的確に対策をとっていけば、頑固な黒ずみともサヨナラできますよ。

関連記事

毛穴トラブル徹底解説!その改善法とは?

毛穴ケア化粧品を使ったら毛穴はどれくらいでキレイになる?にお答えします!

皮脂の過剰分泌が気になる人へ

目立つ毛穴どうしたらよい?