ターンオーバーとキメを整えれば美肌になる!

キメの乱れはターンオーバーの乱れ

美肌のために大切なのは、ターンオーバーを整えること、美容に興味がある人なら誰でも一度は聞いたことがあるはずです。ターンオーバーを正しく知るために、まずは皮膚の構造を理解しておきましょう。

皮膚の表面を覆う表皮は0.2㎜、このわずか0.2㎜という薄さのなかに、角質層、顆粒層、有棘層、基底層という4つの層があります。最下層の基底層で生まれた皮膚の新しい細胞は、肌表面の角質層まで押し上げられ、同時に古い細胞が垢となって剥がれ落ちる、この肌細胞の生まれ変わりがターンオーバーです。

ターンオーバーが正常に行われていれば、肌表面では常に新しい細胞が、外的刺激に立ち向かっていることになります。しかし、ターンオーバーは加齢や生活習慣、ストレスなどの影響を受けやすく、リズムが乱れることもよくあります。

代わりとなる新しい細胞が角質層に届かないため、古い細胞は剥がれ落ちることができません。そのまま残って肌を守ろうとしますが、既に役割を終え、機能が低下した細胞です。充分に肌を守れないのは仕方がありません。

空気の乾燥や紫外線、埃などの外的刺激に直接さらされた肌は、乾燥し、キメが乱れてしまいます。

キメの整った肌ってどういう肌?

美しい肌を表現するとき、「キメ細かい」という言葉がよく使われますが、キメとはどんなものなのか、正しく理解できていますか?

皮膚の表面を拡大してみると、無数の溝と、溝に囲まれて盛り上がった部分があるのが分かります。溝は皮溝(ひこう)、盛り上がった部分は皮丘(ひきゅう)と呼ばれ、この二つがキメの正体です。

皮溝が細く、三角形の皮丘が規則正しく並んでいる状態を「キメが細かい」、皮溝が太く、皮丘が潰れて形を成していない状態を「キメが粗い」と表現します。

次に、皮溝と皮丘から視線を遠ざけ、肌全体に視点を戻してみてみましょう。キメが整った肌は、充分な潤いを保ち、ふっくらツヤツヤしています。凸凹感もなく、誰の目にも透明感のある美しい肌に見えるはずです。キメが粗い肌の場合はどうでしょう。

太い皮溝が肌全体に凸凹を作り、潤いも透明感も感じられず、見た目の悪い状態です。慌てて潤いを与えようとしても、乾燥してキメが粗い肌は水分を吸い込むだけ、キープすることができないので、広い砂漠にコップ1杯の水を与えるようなものです。

キメを整えるために重要なこと

ターンオーバーの仕組みと、肌のキメの状態が理解できたら、次は乱れたキメを整えることができるかどうかが気になります。どんなに丁寧にケアしても、肌の質そのものを変えることはできません。

しかし、もともとキメの細かい人が多いといわれる日本人の場合、正しいケアを行うことで、キメの整った美しい肌を取り戻すことは十分に可能です。

ターンオーバーが乱れてキメの粗くなった肌は、バリア機能が低下した状態、肌を守ることができません。外的刺激にさらされた肌は、どんどん乾燥してしまい、潤い不足でターンオーバーがさらに乱れる悪循環に陥っています。

まずは、しっかり潤いを与えて乾燥を防ぐこと、充分な保湿が何よりも重要です。

正しいターンオーオーバーを取り戻すスキンケア

念入りなダブルクレンジングや、様々な機能を持つスキンケアアイテムの重ね付け、肌のために良かれと思って行うそんなケアも、デリケートな状態の肌には、余計な刺激にしかなりません。シンプルなケアを、丁寧に行うことを意識しましょう。

1)クレンジング・洗顔

クレンジングにもいろいろありますが、洗浄力の強いオイルクレンジングは、肌をより乾燥させてしまう可能性があります。シートタイプは、肌をこすりがちなうえに汚れが残りやすいもの、避けた方が無難です。

穏やかな洗浄力で、刺激の少ないミルクやクリームタイプのクレンジングを選びましょう。洗顔料はたっぷり泡立て、肌を包み込むように優しく洗い、気持ちいいと感じる程度のぬるま湯で洗い流します。

2)化粧水

キメが乱れた肌にとって、保湿を目的とした化粧水は、もっとも重要なアイテムの1つです。どんなに美容成分が贅沢に配合された高価な化粧水でも、わずかな量をすり込むように与えても充分な保湿はできません。

たっぷりの化粧水を、数回に分けて、優しくなじませることが肝心です。

3)乳液

化粧水でしっかり潤いを与えても、それだけではすぐに逃げ出してしまいます。せっかく与えた潤いを逃さないよう、乳液でしっかり蓋をしましょう。乳液が浸透しにくく、べた付きやヌル付きが気になるという場合も、最低限の量は使わなければ、充分な潤いは与えられません。

スキンケアの基本となるこの3ステップを続ければ、乱れたターンオーバーが整い、バリア機能を持つ健やかな肌を取り戻せます。肌が健やかさを取り戻せば、早い人なら1週間ほどで乱れたキメに変化が表れるでしょう。キメの整った、憧れの美肌へと近づけますよ。

関連記事

睡眠とお肌の関係

毛穴の悩みに対応できる化粧品の選び方

毛穴の引き締め方をまとめてみた