ビタミンC誘導体ってどんな成分?

化粧品によく使用されているビタミンC誘導体。何となくお肌に良いイメージはありますが、具体的にどんな成分なのかはよく分からないという方も少なくないのではないでしょうか?

ビタミンC誘導体について詳しく知りたいという方のために、ビタミンC誘導体とはどのような成分なのかをご紹介しましょう。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCをお肌に吸収させやすくした成分のこと。お肌に浸透した後ビタミンCに変化するので、ビタミンCの美肌効果を効率よくお肌に浸透させることができます。

ビタミンC誘導体には「水溶性」「脂溶性」「両用性」の3種類が存在します。

水溶性

化粧水に配合されることが多いビタミンC誘導体で、お肌に吸収されやすい特徴があります。リン酸型ビタミンC、リン酸アスコルビル、L-アスコルビン酸-2グルコシド、ビタミンCエチルと表示されています。

脂溶性

水溶性のビタミンC誘導体にオイル成分加えたビタミンC誘導体。クリームや乳液に配合されることが多く、化粧品の場合はテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)やステアリン酸アスコビル等と表示されています。

両用性

水溶性と脂溶性の両方の性質を持っており、お肌への浸透力が高いビタミンC誘導体。化粧品ではアスコルビン酸-2リン酸-6バルミチン酸(APPS)と表示されます。

「高純度持続型ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」は別物

どちらも「ビタミンC」が付くので間違いやすいのですが、「高純度持続型ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」は異なる性質を持つ全くの別物。製品を選ぶときに間違わないよう注意してください。

「高純度持続型ビタミンC」の性質

ビタミンCそのもののこと。純度と持続性が高く、ビタミンCサプリ等に配合されています。お肌への吸収が難しい成分です。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体には以下のような美肌効果が期待できます。

皮脂分泌の抑制効果

ビタミンC誘導体には皮脂抑制作用あるので、皮脂の分泌をコントロールしてニキビの発生や悪化を防ぐ働きが期待できます。

抗酸化作用

ビタミンC誘導体には肌の老化の原因になる活性酸素を抑える働きがあるため、アンチエンジング効果が期待できます。

シミやくすみの予防・改善

ビタミンC誘導体にはメラニン色素の生成を抑制する働きがあるので、シミやくすみの予防や改善する効果が期待できます。

毛穴の開きやたるみ毛穴の改善

毛穴の開きは皮脂分泌が過剰になることで発生しやすくなります。ビタミンC誘導体には皮脂分泌抑制作用があるので、過剰な皮脂分泌を抑えて毛穴の開きを改善する効果が期待できます。

また、たるみ毛穴は皮脂のコラーゲンの減少が原因で発生しやすくなります。ビタミンC誘導体にはコラーゲンを活性化させる働きがあるため、皮脂のコラーゲンの減少を抑えてたるみ毛穴を改善する効果も期待できます。

効果的なビタミンC誘導体の配合率は?

「製品よってビタミンC誘導体の配合率が違うから、どの化粧品を買えばいいのか分からない…。」そのような方は水溶性では2~5%程度、脂溶性では3~10%程度、両用性では0.1~1%程度を目安に化粧水を選ぶといいでしょう。

クリームや美容液の場合は、これより少し多い配合率の製品を選ぶようにしてください。

ビタミンC誘導体を使用する際の注意点

ビタミンC誘導体を使用する際の注意点についてご紹介します。

乾燥肌や敏感肌の方は注意

多くの美肌効果が期待できるビタミンC誘導体ですが、皮脂分泌抑制作用があるため乾燥肌や敏感肌の方はお肌の状態が悪化する可能性があります。乾燥肌や敏感肌の方がビタミンC誘導体配合の化粧品を使う場合は、セラミド等のバリア機能保持作用をもつ化粧品を併せて使用するようにしてください。

まとめ

ビタミンC誘導体についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?多くの美肌効果が期待できる成分なので、自分の肌質に合わせて上手にビタミンC誘導体をスキンケアに取り入れてみてください。

関連記事

関連記事がありません。