睡眠とお肌の関係

睡眠時間は1日のうち1/3をしめているとされますが、実際に1/3しっかりと眠れている人は少ないです。現代人の睡眠時間は8時間未満の事が多いです。しっかり睡眠をとっていますという人は少ないですよね。

睡眠不足ですという人、多いのではないでしょうか。塾に通っている学生さん、家事や育児でいっぱいいっぱいのママ、夜遅くまで残業の社会人の皆さん、家に帰ってもすぐに眠るわけにいかず、結局深夜をまわり寝るという事もあるでしょう。

睡眠時間を確保しなくちゃと思っても、やることが多いと睡眠時間が削られてしまうものです。睡眠の役割は単に体の疲れを取るだけではありません。もっとたくさんの役割をしています。だから睡眠不足は良くないのです。

睡眠の効果って

睡眠で得られる効果について知れば、寝る事の大切さが分かりますよね。まず皆さんご存知なのが疲労回復だと思いますが、寝ている間には細胞の修復が行われています。

傷ついた細胞を生まれ変わらせていくのに睡眠の時間は重要な役割を果たしているのです。

それから寝ている時間は、記憶力を高めるのにも役立つとご存知でしたか。脳は睡眠時間中にその日1日の情報の整理をしているのです。必要ない情報は捨てて、必要な情報はしっかり記憶していくという作業が寝ている間に行われています。

朝の目覚めがすっきりしているというのは、睡眠時間の間にしっかり脳が情報整理をしてくれたおかげともいえます。反対に何だかすっきりしない、頭がぼーっとしているなどの場合、脳の情報整理機能はしっかり働いてくれなかった可能性があります。

仕事の効率があまり良くないとか、アイディアがなかなか浮かばないなどのスランプになっている時というのは、脳のパフォーマンスが低下している時です。
これには睡眠も大きく関与しますので、睡眠をしっかりとって脳のパフォーマンスを向上させましょう。

寝ている間は、病気の予防もしています。睡眠中に白血球が作られているのをご存知でしょうか。白血球の役割は、病原菌の退治などです。睡眠中に白血球がしっかり作られていると病気を予防できるのです。

他にも睡眠は心臓を休める働きなどもあり、体の機能を正常に働かせるためにも大切なのです。

時間が問題なのではなく質が問題

睡眠は、長い時間寝ればOKと勘違いしている人もいます。寝だめしたから大丈夫とか、毎日10時間は寝ているから自分は大丈夫とか勘違いしている人、注意です。
実は睡眠は質が大事です。

寝てからの3時間は特に大事な時間です。睡眠の質が良いと成長ホルモンの分泌もしっかり行われますので、アンチエイジングケアにもなります。

成長ホルモンがしっかり分泌されていると、痩せやすくなりますし、美肌にもなります。シミやそばかす、毛穴、乾燥などのお肌のトラブルは成長ホルモンがしっかり分泌することで解消されやすくなります。

成長ホルモンって?

ところで成長ホルモンって大人も分泌されるの?と疑問を持つ人もいるかもしれません。確かに子どものころに比べれば分泌量は減りますが、大人も成長ホルモンは分泌されています。

髪や肌を作るのに大切なホルモンです。筋肉を成長させるためにも必要です。成長ホルモンがしっかり分泌されると、疲労回復効果もUPします。成長ホルモンは新陳代謝を高めてくれる働きをしますので、肌の代謝が良くなります。ターンオーバーが正常になるので、お肌がきれいになります。

体の調子も良くなります。疲れにくい体になります。成長ホルモンの分泌は健康と美容にとても良い効果を発揮してくれます。睡眠の質を高めれば良いのですから、何時間寝るというようなことに気を向けるのではなく、いかにしっかり深く睡眠をとれるかを考えた方が良いでしょう。

関連記事

ターンオーバーとキメを整えれば美肌になる!

毛穴の悩みに対応できる化粧品の選び方

毛穴の引き締め方をまとめてみた