皮脂の過剰分泌が気になる人へ

皮脂は悪者?

皮脂が多いと毛穴が開いてしまう、毛穴が黒ずんでしまうというようなトラブルのもとに繋がると言われていますよね。ニキビもできやすいというイメージがあります。だから皮脂は多くないほうが良いと皆さん感じると思います。

しかし皮脂の分泌量は少なくても良くありません。適量が分泌されている必要があるのです。その理由は、皮脂がお肌を細菌、アレルギー物質から守ってくれるという働きをしているからです。だから分泌量が少ないと大変なのです。

ところで皮脂って一体何なのでしょうか。体には汗がでる腺いわゆる汗腺というものと、皮脂が分泌される皮脂腺とよばれるものがあります。皮脂腺から皮脂は出てきます。

べたべたしているものが肌から分泌されてくると、皮脂なのか汗なのか分からない時がありますよね。でもそれぞれ別の部分から分泌されていますし、役割も異なります。

べたべたしている汗は皮脂とは異なります。汗がべたついてしまうのは、汗腺が詰まっている事が原因とされています。汗で肌がべたつくのは皮脂ではありませんので間違えないでくださいね。

皮脂の分泌は適量は必要であることをご説明しましたが、過剰に分泌されてしまう原因はどんな理由があるのでしょうか。

皮脂の分泌が過剰になる原因って

健康な状態であれば、皮脂の分泌量が過剰になる事はほぼありません。しかしお肌の状態や体調によって分泌量が変わります。

①肌が乾燥している場合

肌が乾燥している時、皮脂の分泌量が過剰になってしまいます。乾燥肌の原因は、保湿が不十分であること、洗いすぎ、などが挙げられます。ピーリングをし過ぎていたり、洗う時にこすっていたり、空気が乾燥している場所にいたり、そんな状態が続くと肌が何とかしようとして、皮脂を大量に分泌させるのです。

②ストレスが多い

皮脂の分泌量は、実はストレスとも関係しています。ストレスを抱えていると自律神経のバランスが乱れます。自律神経は交感神経と副交感神経があるのはご存知ですよね。

交感神経の働きが活発になりすぎると皮脂の分泌量が増える事になります。できるだけリラックスする時間をもつことで、交感神経と副交感神経のバランスを整える事になりますので、意識してみてください。

③食べ物によるもの

食べているものでも皮脂の分泌量が変わります。脂っぽいものを沢山食べている人、糖質を多く摂取している人は要注意です。スナック菓子や洋菓子など沢山食べていませんか。

これらは体内で代謝されますが、代謝しきれないくらい摂取していると、毛穴から排出されてしまうのです。これが皮脂の過剰分泌に繋がります。菓子パンも注意です。甘いものが好きな人にとっては辛いかもしれませんが、できるだけ控えるようにしていきましょう。

皮脂の過剰分泌を改善させるには

皮脂の過剰分泌を改善させていくために、まず乾燥肌を改善させましょう。乾燥肌の改善には、保湿成分を多く含む化粧品を使う事が一番です。
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、などの保湿効果の高い成分を肌に取り入れるようにしましょう。

プロテオグリカンなどもおすすめです。肌に保湿成分を与えたら、逃さないようにしっかりフタをすることも大事です。

それから食べ物ですね。間食をやめる、甘いものを完全にやめるのが難しくても食べる内容を変える事はできますね。スナック菓子やケーキをナッツやドライフルーツにしてみるなど工夫しましょう。揚げ物を食べる回数を減らすなどもできますよね。

一番大変なのは、ストレスの解消だと思います。これは自分で自覚できていないストレスもありますから、100%解消できないかもしれません。でも感じているストレスは解消できるように、ストレス解消方法を見つけておきたいですね。

まとめ

皮脂の過剰分泌の原因と対策をご紹介しました。ご自身の状態を把握して対策を取ってください。

関連記事

“毛穴の黒ずみ”の原因&対処法

毛穴ケア化粧品を使ったら毛穴はどれくらいでキレイになる?にお答えします!

毛穴トラブル徹底解説!その改善法とは?